Xperiaがネットに繋がらない!そんなときに実践するべき6つの方法

さっきまで問題なく使えていたはずなのに急にXperiaがネットに繋がらなくなってしまった、という経験がある方は多いはず。一度陥るとかなり焦ってしまうトラブルですが、突然ネットに繋がらなくなることはそう珍しいことではないんです。

ネットに繋がらない主な原因は「Wi-Fiなどの回線自体の不具合」「Xperiaの設定」「Xperia本体」の3つに大きく分けられます。回線の不具合であれば、こちらができることはルーター等の接続設定をリセットすることと復旧を待つことのみですが、それ以外なら自分で解決できる可能性があります。

今回は突然ネットが繋がらなくなったときに試すべき有効な対処法を6つ紹介します。

 

1. Xperiaの設定を見直す

ネットワークの接続異常のみならずスマホに問題がある場合にまずやるべきことは「Xperiaの設定項目に原因がないかどうか」の確認です。

おかしいと思ったらはじめに試してみる最も簡単な解決法ですので、一通りチェックしていきましょう。

 

1-1.「機内モード」と「モバイルデータ通信/Wi-Fi機能」がオンになっていないか確認する

まずは画面の上から下方向にスワイプすることで表示されるクイックパネル内にある「機内モード(フライトモード)ボタンがオンになっていないか」確認しましょう。

機内モードをオンにしているとWi-FiやBluetooth、モバイルデータ通信などの無線通信機能が一括で使用不能になってしまいますので、ネットに繋ぐ際は必ず機内モードはオフに設定しましょう。

また、クイックパネル内でもう一つ確認すべきことが「モバイルデータ通信(LTE/3Gなど)とWi-Fi機能がオフになっていないか」どうかです。

普段スマホを使う時は基本オンの状態になっているのですが、気づかないうちにデータ通信/Wi-Fiの項目をタップしてしまい通信がオフになることも。
まれにアプリやソフトウェアのアップデートが行われた後に、勝手に通信がオフになってしまうこともあるようです。

それぞれの項目がクイックパネルに見当たらない場合は【機内モード】【Wi-Fi】[設定]→[ネットワークとインターネット]内【モバイルデータ通信】[設定]→[ネットワークとインターネット]→[データ使用]内で確認することができます。

 

1-2.モバイルデータ通信/Wi-Fiをつなぎ直す

機内モードが「オフ」、データ通信/Wi-Fiは「オン」になっているのにもかかわらずネットに繋がらない場合は、一時的な不具合かもしれません。

「Wi-Fi」/「モバイルデータ通信」のボタンをタップすることで一度オフにし、10秒ほど経ってから再びオンにしてみてください。接続設定を一度リセットすることで不具合が解消され、問題が解決する場合があります。

 

1-3. Wi-Fi接続をやり直す【Wi-Fiが繋がらない時】

ここまでの方法でも直らない場合は、一度Wi-Fi接続をやり直してみます。

Wi-Fi[設定]→[Wi-Fi]に進み、普段接続しているWi-FiのSSIDを長押しして「ネットワーク設定の削除」をタップして設定を一度削除します。
その後もう一度SSIDを選択しパスワードを入力して接続します。パスワードは自分で変更していなければ、ルーターの横や底に記載されている場合が多いです。

 

1-4. APN設定をリセット・再設定する【データ通信が繋がらない時】

Xperiaの設定を見直す時に最後に確認するのは「APN情報(アクセスポイント名情報)の設定が正しいかどうか」です。

APNとはデータ通信を行う時の接続先のことで、契約しているキャリアごとにアクセスポイントの名前が異なります
(例:docomo→SPモード、au→LTE NET、Softbank→Plus.4gなど)。

なにかのはずみでAPN情報の選択が解除されるケースや、格安SIMカードを使用していてAPN情報を自身で登録したという方は、一度APN情報を見直してみることも大切です。

[設定]→[ネットワークとインターネット]→[モバイルネットワーク]と進み、モバイルデータ通信がオンになっていることを確認した上で[アクセスポイント名]を選択し、「APN」もしくは「アクセスポイント名」をタップすると現在設定されているアクセスポイントが出てきます。

APNが契約中のキャリア設定であるかを確認したあと、正しい場合は①「APN設定のリセット」、違う場合は②「APNの再設定」を行います。

① APN設定のリセット上記[アクセスポイント名]ページ右上の「︙」→「初期値にリセット」という項目を押し「リセット」をタップすることで、アクセスポイントの接続がリセットされ再度設定し直されます。

② APNの再設定上記[アクセスポイント名]にはすでに登録されているAPNが一覧で表示されています。自身のキャリアのAPNが表示されているならそれを選択するだけでOKです。docomo、au、Softbankの大手キャリアの場合は端末に接続先の情報が保存されているため、ほとんどの場合一覧に記載があるはずです。

一覧に表示されていない時(Xperiaに格安SIMを入れて使用している場合に多い)は、自分でAPN設定をしなければなりません。
APN設定方法は各キャリアで入力項目が異なるため、公式サイトから確認することが必要です。

ここではいくつかのキャリア別のリンクをご紹介します。
※下にないキャリアをご利用の方は「キャリア」「APN設定」で検索し、利用しているキャリアのページを確認して下さい。

mineoOCN モバイル ONE楽天モバイルBIGLOBEモバイルLINE MOBILEUQ mobile

 

2.Xperia本体を再起動する

データ通信/Wi-Fi機能、機内モード、通信設定に問題がなければOSのトラブルを疑っていきます。
電源をオフにすることなく XPERIA を使い続けている場合はシステムの不具合が起きやすいため、再起動で一度Xperiaの電源を落とすことによって本体自体の一時的なエラーの改善に繋がります。

Xperiaシリーズの再起動方法は3通り。

① 一般的な方法は、電源キーを長押しする→メニューが表示されるので「再起動」を選択する

② 電源とボリュームアップキーを同時に長押しする→本体が3回振動して電源が強制的にオフになるため、その後に電源キーを押す

③ SIMスロットを抜き差しする

 

3.SIMカードを確認する

SIMカードの接触不良で、ネットに繋がらないといった通信系の不具合が発生することがあります。
「SIMカードが挿入されていません」と表示されている場合はもちろん、そうでなくても通信関係のエラーの改善方法として効果的なやり方の一つです。

SIMカードの脱着は損傷の危険もありますので、十分に注意しながら作業して下さい。ここでは安全な脱着方法をご紹介します。

XperiaのSIMカードの挿入箇所は側面部にあります。Xperiaを表側(液晶画面側)から見た時、SIMカードはトレイの裏側についていますので、SIMカードがから落ちることがないようにXperiaを裏返して作業を行うようにしてください。
また、XperiaはSIMスロットを抜き差しすると強制的に電源が切れる仕様になってはいますが、念のため必ず電源を切った状態で行うようにしてください。

① 側面部のスロットを開く

② 爪でスロットを引き出す(爪が難しい場合はクリップなどを使用してください)

③ トレイからSIMカードを取り出す → このときにSIMカードの向きをしっかり確認してください。向きを間違うと端末が認識されず通信することができません

④ ホコリ等がついている場合は柔らかい布で拭いてからトレイに戻して挿入する →ティッシュは紙の繊維が付着する可能性があるので、使わないようにしてください
※SIMカードは精密機器のため着脱する際はIC部分や端子に触らないように注意してください。

 

4.それでもダメなら…

以上の方法を試しても繋がらなければ回線の異常も考えられます。
回線の不具合かどうかは、パソコンを使って利用しているキャリアの公式サイトを確認することでチェックできます。

回線異常がない場合は、Xperiaの本体の異常という可能性が高くなり、修理に出す必要があります。

Xperia修理王はXperiaシリーズに特化した修理専門店です。
年間1万2000件以上の修理経験に基づいた技術で、あなたのスマホの「困った!」を即日対応で改善します。

キャリアケータイは勿論、SIMフリー、海外のXperiaにも対応しています。

お見積りは無料ですので、ぜひ一度ご相談ください。

 

事前にご予約を頂くとスムーズにご案内できます!
まずはお気軽にお問い合わせください!